インドネシアで銀行口座を開設

 

こんにちばんは!

インドネシアはスムダンにひっそり生息しています、山ちゃんです。

とりあえず雨がひどいです。9月からおよそ2月くらいまで雨降りまくりのインドネシアですが、
この地に住む方々は雨にも負けず風にも負けずたくましくバイクで通勤/移動されています。

さて、今日はインドネシアでの銀行口座開設のお話。

と、言いましてもあくまで私の今回の体験談ですから全ての人に当てはまるかというとそうでもありませんので、いざ開設される際は、お住まいの地域にある一番田舎にある銀行で申請されるとよろしいかと思います。

 

意外と大変な口座開設

 

bca-day-1-tahapan

 

日本では銀行口座開設となるとそんな大変なイメージはないですよね。


本人確認書類(免許証とか、パスポートとか)、印鑑、最初に入金するお金1000円以上くらい。
で、あれよあれよと言う間に出来ちゃいます。



しかしだ。
私たち外国に住む外国人としてはなかなかハードルの高いものなのである。涙

もちろん大手の会社で勤められている駐在員様様は会社に言えばスタッフの方が簡単に作ってくれるはずですので良いですが、そうじゃない場合、特にご自分で行かれる方は大変な事が多いです。。

 

私も昔、ジャカルタに住んでいた頃に銀行口座開設をお願いしにいきましたら、それはもうすごい数の提出資料を依頼されます。

それを用意するのにまたどんだけ時間かかるんだろう・・・と思うと、背筋の凍るような思いに打ちひしがれることでしょう。

ということで、ジャカルタではきっぱり諦めていた銀行口座開設。

それがこのスムダンというバンドンの隣町の田舎でそれはもう秒殺で開設することが出来ましたので、とりあえず全体的に店舗によって提出書類の違いがあるということが分かりましたので、ジャカルタの断られた銀行を今から一緒に燃やしに行きましょう。

 

ということで銀行口座開設だYo!!

 

 

img_3843
#写真はBNIの口座開設案内

 

まず、KITASがないと始まりませんの。

だからKITASを用意しなさい!!

時々、インターネットで(古い情報で今は無理かもケド)出てくる、

「KITAS(暫定滞在許可書)なしでも口座が作れる!!」
「観光者でも作れちゃうぅぅ!!」

とか言うのは、試した事がありませんから知らないですけれども、基本は禁止されていると思いますので自己責任の世界なんでしょうか。。。

特にインドネシアは定期預金金利が7%とかどえらい事になっちゃってるので、それもあって人気なんでしょうかね。

へて、前回のジャカルタではBCAというインドネシアでも一番人気の銀行のカウンターへ相談しに行った際は、
うる覚えですが、

【前回脅迫要求された銀行口座開設必須書類】
・KITAS
・パスポート
・会社の推薦状的な?
・NPWP(納税者番号)
・住居証明書

あともう一つくらいあったかしら・・・

 

 

昔はKITASだけでポンッと作ってくれてたんですが、今は年々特に外国人に厳しくなってきているようです。

ただおそらくそこに会社の口座や従業員の給与振込み用口座を何人も登録してあればKITASだけでもいけるのではと思います。
その場合はクレジットカードも光の速さで送られてくることでしょう。

 

 

 

ということで、

今回のあちきの場合

申請場所はスムダンという田舎にあるBCA銀行
【今回要求された銀行口座開設必須書類】
・KITAS
・パスポート

以上!!あざーす。ちゃっす。

 

 

~ただ、背景として、結構前から他の用事等で付き合いがあり、少し前にBCAカウンターが少しざわつく様な結構な金額を日本から送ってもらった事があり、その際にインドネシアの第二のお母さんの通帳に一旦振り込んでもらって引き出した事があったので、それが今回の口座開設のスムーズさに関係しているかどうかはわかりませんが、
銀行からかなり信頼して頂けているのはたしかだとは思います。~

 

 

 

 

 

まず、

 

口座開設カウンターで「秘密結社 フリーメイソンの者だが。」

というと、それはそれは態度が急変して超丁寧に口座開設書類の紙を持ってきてくれます。
#実際は「あ、すいません、、口座開設したいのですが・・・」と言ったのは内緒の秘密。

 

 

で、KITASがあれば書ける内容ばかりなので記入していき、KITASとパスポートのコピーをスタッフの人が取ってくれます。
ちなみにBCAの店員さんは可愛い人が多いのでそれに気を取られて誤字脱字に注意。
#体験談

 

で、後は、最初に通帳にいくら入れてくださるのぉ~、まぁ外国人ですから1万円くらいは、ねぇ~~。え?1000円?ちっ。(舌打ち)とかそんなことはないですが。

で、完了。

 

 

img_3842

ですが、実は写真の私のキャッシュカード(実はデビットカード)はプラチナというグレードでATMで100juta(約77万円)まで送金可能です。

普通の標準のカード(シルバー)では25juta(約20万円)が1日の送金限度で引き下ろしも7juta(約5万5千円)が限度なので、会社の事で急な送金にも対応できるようにとこちらのプラチナに変更してもらっています。

ただし、注意なのが、

銀行口座はその日に出来る。
キャッシュカードも名前の刻印無しであれば当日配布可能。
名前入りの場合、1週間程度待たなければならない。
プラチナへ変更の場合もまず必ずシルバーを発行する規定になっていて、その日にプラチナに変更届けを一緒に書いてもらう。
→1週間後にカードが銀行に届くので取りにいく。

こんな感じです。
ですから、最初からプラチナに変更の予定のある方は、シルバーの名前入りキャッシュカードなんて作っても意味が3ミクロンくらいもないので、その日にプラチナへアップグレード申請し、名前なしシルバーのキャッシュカードを店員に預けると、目の前でハサミでぶった切られるます。
で、アップグレード申請書にサインし、こちらで引換え書みたいなのを預かり、銀行にプラチナが届いたら引換え書と交換にカードを受取り、完了というわけです。
#シルバーキャッシュカード発行はRp.10,000/プラチナはRp.20,000の発行手数料がかかりまちゅ。
#ATMは大体24時間利用可能
#インターネットバンキングもOK

 

ちなみにBCAの口座ですが、最低預金額関係なく150円前後の口座維持管理費用(Administrasi)が毎月かかるのと、
預金額が10juta(約8万円)以下であれば入金があっても誰から送金されたものか印字してくれません。
知りたい場合は口座開設と同じカウンターで(今回の銀行では)、プリンターで印刷してもらう必要があり面倒なので、最低10juta以上はいれておきましょう。

 

 

 

ちなみに一番意味が分からないのが、シルバーのカードが

 

kartu-paspor-bca
なぜかゴールドっぽくて、しかもすんごいかっちょ悪いということ。
ま、使えたらなんでもいいですね。ごめんちょ。

 

そして、

ssss

シルバーとゴールドの違いが柔らかすぎてパルプンテ。

 

 

特にこのインドネシアの様々な申請書やら説明書やら、とにかくこの地の言葉は字数が多い!ので、心が折れそうになることもしばしば。

 

img_3844


これはBNIのだけど、とりあえず字数がエグイのとそれによる文字サイズの縮小で、ただ銀行口座の開設の方法や必要書類を確認したいだけなのに、なぜか受験勉強で見えない何かに追われている気分になります。泣きそうです。

 

日本のスマートな説明書や申請書がいいです。

 

でも日本に帰りたくないから我慢します。てへ。

 

 

海外ブログランキングに参加してます。
下のぼくのバナーをクリックして頂くとランキングに反映されろぐはそれはもうレインボーフラッシュダンスして喜んじゃいます。
*1クリック詐欺ではありませんよ!(≧ω)ノ☆
クリックすると色んな海外の日本人ブログの情報サイトに一時的に飛びますが、
すぐに消して頂いてもよし、面白い海外ブログを探すも良いと思います!
応援1クリリンクリックよろしくです( ´ ▽ ` )ノ

 


にほんブログ村

日本国内だけではなく、世界中のホテルを通常より格安で予約できるサイトになります。
僕もシンガポールの宿はこちらでとってます。よかったら一度覗いてみてください~(^^)
いますぐ予約と出てますが、1度クリックしただけでは予約されませんので、ご安心を。
現在設定はバリ島になってますが、1度クリックして頂いたところから、日本はもちろん色々な国のホテルの値段を調べる事ができますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です