はじめまして。ろぐです。青春編 ②/③

①からの続き

みんな部活とは別に活動部みたいなものに入らされていたのですが、3年になり整備部の部長になってしまう。

元々、めんどくさがり・影でひっそり居たい性格の私はこの整備部が仏様と森本レオを足して1000を掛けたようなそれはそれはもう温厚で波風立てずひっそり学校にいらっしゃる用務員の先生(名前忘れた・・・)が顧問であった事、

そして活動内容が非常に曖昧で(いや本当はちゃんとしてるが適当に乗り越えれそうであったため)楽そうな部会であったので選んで3年間入り続けていたのに、周りの陰謀によりまさかの部長にさせられ苦手なまとめ役をつとめることになった。


が、実際は全然まとめるハズもなく・・・(^^;)  

 

そんな中学時代を過ごしていた中で一番記憶に残るのは3年間同じ担任であった塩田センセである。 
 

先生陣の中でもとりわけぶっ飛んだ先生で、当時結構荒れていたクラスでも動じず朝から超ハイテンションでウルフルズの「ガッツだぜ!」を生徒に熱唱させるおもしろい先生であった。



特に印象的なのは黒板に文字を書いていて、段落が下の方にいく時、普通に膝を曲げたり、腰を下ろして書けば良いのにその先生は足を開き蟹股になり腰を下ろすものだから、ズボンのおしりのあたりがつっぱり、ビリッとズボンが破けた事件があったなぁ(笑)  


だけど、その先生が一番生徒の事を考えてくれていた様に思う。

 

「大事なのは勉強だけじゃない、人としてどんな人間になるか、それが大事なんだ」    

 

当時はまだまだガキンチョだった私たちでもその言葉が今でも記憶に残っているのはきっとどこかでちゃんと心に響いていたからなのだと思う。  

 

卒業式の最後の先生の言葉は

 

「成人式で一緒に旨い酒を飲もうな!」

 

でした。

 

私たちの成人式の二次会でその先生がダブルマグナムボトルのそれはでっかいシャンパンを持って参上した時には、「この先生、やっぱりスゲー!覚えてくれてたんだ!!」と感動した。  

 

 

[ろぐ16歳~17歳]
なかなかのプレミアムあほだった私は奇跡的に私の住む所の近くではまぁまぁのレベルの進学校であるらしい高校にきっと最下位スーパーぎりぎり滑り込みセーフで合格。  

その頃ファンであったGLAYのHISASHIに憧れ、ぎゃっつびーのスーパーハードスプレーを駆使し、あのツンツンヘアーで入学式に望み、入学式直後職員室呼び出し第1号の輝かしい栄光を手に入れた。    

 

部活には入らなかった。 その代わり、本当は駄目なんだけれど、高校に内緒で近くのホテルの料飲課でアルバイトを始めた。


実はそんな乗り気で始めた訳ではなく、きっかけは16歳になったら原付の免許が取れるのでバイクが欲しかった。


自由奔放に育ててくれた母に相談すると、返って来た言葉は、

 

「自分で決めて、自分が行い、自分が責任持てるなら、周りに迷惑をかけない事であれば自由になさい」

 

であった。  

 

そして、昔母が働いていたそのホテルのアルバイトを紹介してもらい、学校が終わると周りは大人たちばかりが働くホテルでのアルバイトへ通った。

 

  hotel  

 

綺麗な制服を着て、レストランでサービスをしたり、宴会場でビールやお料理を運んだり、そして周りの大人の先輩たちと話すコミュニケーションの場が自分を大きく成長させてくれた様に思う。  


その後は、学校はずっと寝てばかりでまじめじゃなかったんだけど、
ホテルのアルバイトは興味深く、勉強になる日々で、まじめに素直に取り組んでがんばった。
(後に、高校を卒業後、そのままホテルから就職のお話を頂き、ありがたい事に就職させていただく事ができた。)


おかげで免許も取れて、バイクも買わせてもらえた。

もちろん自分で稼いだお金で買った。    

当時、暴走族みたいにうるさいバイクも流行っていたが、僕は走り屋に憧れ、近くのコスミックホールの駐車場で膝にガムテープで空き缶を巻きつけ、膝すりの練習をしてたっけな(笑)    

 

今の時代にこんな話をするとばっかみたいだな~って言われちゃうかもしれないけれど、

 

その当時は本当に全てが新鮮でこんなにもわくわくして刺激の毎日だったんだ。

 

続く。

 

海外ブログランキングに参加してます。
下の山ちゃんのバナーをクリックして頂くとランキングに反映されます。
*1クリック詐欺ではありませんよ!(≧ω)ノ☆
クリックすると色んな海外の日本人ブログの情報サイトに一時的に飛びますが、
すぐに消して頂いてもよし、面白い海外ブログを探すも良いと思います!
応援1クリックよろしくです( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です